風色の椅子 第二楽章

小栗旬さんのファンブログ やや耽美主義

ゴジラvsコング 感想

よく晴れて、暑い日になりました。

さあ、東京オリンピックが開幕しましたね。

開会式は夜空に浮かぶドローンの地球が素敵でした。

入場行進する選手たちの嬉しそうな顔を見ていると開催されてよかったなあと思います。

皆さん、精一杯力を出し切って、何事もなく無事に閉幕しますように願っています。

これを書いている今現在では、競泳の大橋選手、スケートボードの堀米選手、

金メダル、おめでとうございます!

堀米選手、可愛いですね。青い空、白い雲、揺れるシャツと舞うスケートボード

とても格好よかったです。

 

さて小栗くんは「鎌倉殿の13人」、撮影順調だそうで、

静岡県のニュースでは動画を見ることができます。

 

義時、格好いいですね。

静岡の人たちにむかって、ちょっと恥ずかしぞうに話す感じが可愛かったです。

これからも撮影が順調に進みますように願っています。

 

そしてやっと「ゴジラvsコング」を観てきました。

小栗くん、聞いていたとおり出演時間が短かったのですが、

これはこれでよかったなと思っています。

というのもなんとなく小栗くんは、いずれ制作側にいきそうな気がしていて、

ちょっとハラハラしているのですが(笑)、

今回の件で大きな宿題を課されている感じがして、これはハリウッドで、

ちゃんとリベンジしないといけませんよね。

それでずっとずっと俳優を続けてほしいです。

背丈もあるし、年を重ねても格好よく色っぽい魅力的な俳優さんになっていくと、

思うので、長年かけてリベンジをしてほしいなあと思っています。

いろんな作品で俳優として輝く小栗くんが観たいです。

では「ゴジラvsコング」の感想を書きたいと思いますが、

しっかりネタバレになりますので、読みたい方だけお願いします。

 

 

 

 

ゴジラvsコング」、怪獣界のクローズZEROみたいでした(笑)。

テッペン取り合うゴジラとコング、素手で殴り合ってたけど、

メカゴジラ(刃物を持った不良)が来たら、

そんな卑怯者は俺ら、許さないといわんばかりに、

共闘して、メカゴジラを倒す、みたいな(笑)。

芹沢蓮は、芹沢博士の息子だからメカゴジラに乗るというところが、

何も描かれていなかったので、ただの従業員がメカゴジラの操縦をしているみたいで、

でもビーム吐いたときの嬉しそうな顔はよかったです。

声がいいので、英語も滑らかでいい感じでした。

映像は本当に凄くて、コングの毛はフサフサしてました。

あなたはゴジラ派?コング派?というのがありましたが、

私はメカゴジラ派かな。だって蓮くんがパイロットだったし、

二匹(笑)に壊されちゃったけどね(笑)。

ゴジラvsコング レグザ CM 鎌倉殿の13人

晴れたり曇ったりした一日でした。

さてすでに松井選手の記録を超えた大谷選手は、

今日は月まで届きそうな(笑)、33号特大ホームランを打ちました。素晴らしい!

そんな中、映画「ゴジラvsコング」は初登場1位を獲得、

小栗くんは「レグザ」の新CM に起用され、

「鎌倉殿の13人」の第四次出演者の発表がありました。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 

ゴジラvsコング」初登場1位、おめでとうございます!

なんといってもゴジラの本家というか、実家?(笑)日本で、

1位を獲らなくては、沽券にかかわりますよね。

よかったなあと思いました。

 

「レグザ」のCMは、テレビでよく放送されていますね。

かっちりキマった小栗くんがとても格好いいです。

美術館をカツカツ歩く姿も素敵で目を引きます。

それにしてもテレビの映像技術はどこまでいくのでしょうか。

 

「鎌倉殿の13人」は続々と凄い俳優さんたちの名前があがって、

しかも初出演の方の思いとか意気込みもとても伝わってきて、

今更ながら大河ドラマって凄いなあと思っています。

その中心に小栗くんがいるんですものね!

ファンでさえ身が引き締まるような思いです。

でも逆にいろんなことを考えず、

「鎌倉殿の13人」という名の船にゆったりと身をまかせ、

小栗義時船長の舵取りのそのしなやかさに、心奪われつつ、

ワクワクドキドキしながら、楽しみにしたいと思っています。

ゴジラvsコング 初日舞台挨拶

晴れたり曇ったりしています。

なんといっても今日はこれから。

追撃の29号ソロ、逆転の30号ツーラン、そして盗塁からの、

サヨナラのホームを踏んだ大谷選手、本当に凄いです!素晴らしいです!

大谷選手を観ていると、投手として打者としてのマンガのような活躍に加えて、

とにかく野球が大好き、楽しい!という気持ちが純粋に伝わってきて、

心掴まれます。パワーをもらえます。

これからオールスターもありますが、ますますの活躍を楽しみにしています。

 

そして「ゴジラvsコング」も公開されましたね!

私はすぐには観に行けないので、ネタバレは回避しながら、

小栗くんのハリウッドデビュー作品を観に行ける日を、楽しみにしたいと思います。

日舞台挨拶の記事が出ました。

www.cinematoday.jp

俳優の小栗旬が2日、TOHOシネマズ六本木で行われた映画『ゴジラvsコング』の初日舞台あいさつに登壇。本作でハリウッドデビューを果たし、英語のセリフにも挑戦した小栗だが、当初は本格的な英語セリフはなかったようで、撮影中に設定が変わったことなど映画の裏話を明かした。

本作は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に続く“モンスター・ヴァース”シリーズ第4弾。モンスターの戦いで甚大な被害を受けた地球にゴジラが再び出現したことで、人類がキングコングに戦わせようと画策する姿を描く。小栗はハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子で、ハイテク企業に勤める芹沢蓮役としてハリウッドデビューを飾った。

しかし、当初は演じる役どころも異なっていたようで「違う科学者の名前だったんですよ。その人は日本語で喋ったものを同時通訳できる機械を持っていて、英語は喋れなくても大丈夫という話でした」と振り返る。ところが、途中からどんどん話が変わっていったそうで「気がついたら“レン・セリザワ”という名前で、芹沢博士の息子という設定がついてきました」と説明。英語を話す必要性も出てきたために「困りました。最初と話が違ったので」と苦笑いを浮かべる。

また、2年前の3月くらいにオーストラリアで行ったという撮影を思い返す小栗。ハリウッド映画の撮影は、お金や時間のかけ方など、すべてにおいて「スケールがすごかった」と感嘆。クランクアップ後に「もう少しよくしたい」という制作サイドの意向により、追加撮影があったことも紹介する。その際の台本は当初のものから大きく異なる仕様になっており、小栗は「去年の1月くらいにロサンゼルスで行われましたが、途中、どういう話になっているのかわからない瞬間もありました」と本音をぶっちゃけ。「(登場人物)みんなのバックボーンの話があったのですが、そこがシンプルになりました」と語り、よりモンスターのバトルが色濃い映画になったという裏話を明かした。

 

そんなことがあったのですね。すごく流動的ですよね。

資金がたくさんあるので、贅沢な作り方をしているなあと思います。

そして私は、実はゴジラもちょっと好きなので(笑)、

小栗くんともども、楽しみにしています!

ゴジラvsコング ジャパンプレミア

晴れてきました。

昨日、「ゴジラvsコング」のジャパンプレミアが行われました。

news.yahoo.co.jp

小栗旬がハリウッドデビューを果たした『ゴジラvsコング』(7月2日公開)のジャパンプレミアイベントが6月28日にイイノホールにて開催され、小栗、そして日本語吹替えを担当した芦田愛菜田中裕二尾上松也が登壇した。

GODZILLA ゴジラ』(14)より展開しているハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』(17)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ。大ヒットを記録した『ゴジラ キング・オブ・ モンスターズ』(19)に続くシリーズ最新作ではついに夢の対決が実現! 映画史上最も象徴的な伝説の2大モンスター、“破壊神”ゴジラと”守護神”コングが激突する。

すでに公開された42の国と地域で、週末興行ランキングNo.1を獲得し特大ヒットを記録中の本作。北米では3週連続ランキング1位に輝き、累計で1億ドル(約110億円)を突破、全世界累計興収はすでに4億4200万ドル(約487億円)を記録している。そして、ついにジャパンプレミアが開催。ゴジラ本国の日本にて大トリでのお披露となった。

ステージ上に設置された2メートルのゴジラのスタチューを「思ったより大きいですね」とまじまじと見つめた小栗。ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子役でのオファーについて、当時の心境を「リアルに受け止められないほど、驚いた」とし、撮影現場の様子については「とにかくすごいスケール。日本の撮影は時間に追われている気分になるけれど、ハリウッドは時間のかけ方がすごいんです。ひたすらワクワク、圧倒されながら過ごしました。トレーラーハウスは、やっぱり快適です!だって、なんでもあるんだもん」と笑顔で振り返った。撮影に入る前に、渡辺と食事に行ったという小栗は「『気負わず、小栗くんのやりたい表現をやってらっしゃい』と、アドバイスしていただきました」と明かした。尾上は、小栗のハリウッドデビューを聞いた時「いつ公開されるんだろう、楽しみだなと思っていました。まさか、今日、こんな形で一緒に舞台挨拶に立つことになるとは!」と興奮を隠せない様子だった。

最後の挨拶で小栗は「痛快で爽快な映画です。僕にとってもとても思い出深い作品となりました。ぜひ、映画館で楽しんでください」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。また、本日のイベントでは、芦田が吹き替えを担当するマディソン・ラッセル役のミリー・ボビー・ブラウン、声優の津田健次郎が担当するネイサン・リンド役のアレクサンダー・スカルスガルド、さらにアダム・ウィンガード監督からのメッセージ動画も上映された。

 

 

ハリウッド版『ゴジラ』シリーズで渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という役どころでハリウッドデビューを果たした小栗は、最初にオファーを受けたときを「現実の話なのかなという思いはありましたね」と振り返りつつ「いざ現場に行ったらすごいスケール感で、ワクワクしながらも圧倒されながら過ごしました」。

父親という設定の渡辺謙からは「撮影前に時間を作っていただいて、あまり気負わず自分の表現をしていらっしゃいという言葉を頂きました」と明かした。さらに、渡辺が過去作で、セリフの中で“GODZILLA”という英語アクセントではなく日本語の“ゴジラ”と発音したいと掛け合い実現したというエピソードについて聞かれると「そのことがあったせいか、台本では僕のセリフの中では(日本語発音の)GOZILAになっていました」と、渡辺の提案が受け継がれていたことを明かした。

小栗とは旧知の仲で、ハリウッド進出についても知っていたという尾上松也は「僕も最初に聞いたときはウソだろとめちゃくちゃ興奮しました。これからアメリカに行くとは聞いていたので。まさかこういう形で一緒にこういう場に立てるとは」と、日本語吹き替え版での“共演”を喜んだ。

前作に続きヒロイン・マディソンの声を務めた芦田が吹き替えの難しさを語ると、自分自身の声の吹き替えをした小栗は「すごく難しかったですね。自分に自分の声を当てるってどうやればいいのかと」と苦笑。

この日はアレクサンダー・スカルスガルドらキャストがビデオメッセージを寄せ、小栗は「アレックス(スカルスガルド)は本当に日本が好きだと撮影中も言っていた。日本に行きたかったと思う」と話し、共演のハリウッドスターらともすっかりなじんだ様子だった。

 

もうすぐ公開、本当によかったですね。

すでに世界中で特大ヒットを記録していて、

たくさんの世界中の方々に、小栗くんを観てもらえているのだなあと、

なんだか感慨深く、本当に嬉しいです。

この「ゴジラvsコング」の前作「ゴジラ  キングオブモンスターズ」を、

先日、テレビで観ましたが、ふむふむ、こういう展開なのねと思いました。

確かに芹沢博士は、日本語発音の「ゴジラ」と言っていて、

それを息子役の小栗くんが受け継ぐのですね。

渡辺さんからの言葉、

「あまり気負わず、自分のやりたいと思う表現を胸張ってやってらっしゃい」

素敵です。心強かったでしょうね。

私は字幕と吹き替え、両方観たいと思っています。

インタビュー 第1章完結への覚悟と決意

雨が降っています。

とても良いインタビューでした。写真も素敵です!

eiga.com

このインタビュー、特にこの部分がよかったです!

 

「ただ、なんにしても参加してみたという事実は大きなことだと思っています。いろいろな人がいろいろな事を言うと思いますが、僕個人の話をすれば小学生、中学生の頃にあの場所に立ってみたいと思っていた“彼”からしてみたら、ひとつの夢が実現したわけです。それは、小栗旬という人生を生きてきた中では誇るべきこと。小学生時代、テレビを見て『いつかここに出てみたいな』と思っていたあいつに、『こんな奇跡も起こるんだぜ』って話が出来るだけでも、自分の人生はひとつ豊かになったかなと思うんです」

 

うん、凄く素敵な言葉ですよね。充分、いろいろ分かっている上で、

でもそこに立てたことを誇っていいんだよと、幼い自分自身にも、今の自分にも、

言ってあげること、素晴らしいと思います。

本当に、ひとつ豊かになりましたよね。

そして興味深かった部分です。

 

「大河で1年以上、ひとつの役をやり切った時に、すぐに芝居がしたいかしたくないか、ちょっと分からないなと思っているんです。ちょっとキャッチーな表現をすると、『小栗旬の第1章』が終わる気がしているんですよ。15歳くらいから芝居の仕事をさせてもらって、1年以上ひとつの役に向き合うという作業はずっと興味があったし、いつかやってみなければいけないと思っていた。そのチャンスがもらえるのなら、ぜひやりたいとチョイスしたわけですが、いまは圧倒的に不安の方が強くなっている」

 「これって、自分次第だと思うんですよ。1年以上にわたって大河をやるって、どこかでバランスを取りながら、ひとつの役を作り上げていくという作業を構築していかなければならない環境だと思う。それを越えてみないと、先の事を考えるのは難しいだろうな……というのが正直なところです。大河をやり切って、しばらく休む役者さんも多いじゃないですか。それくらい大変な作業なんでしょうし、全て撮り終えた時点でどういう状況になるのか、わからないのでまだ何も考えていません。また海外に行ける状況になっていてほしいし、なっているんだとしたら行きたい。それは、英語のコミュニケーションを高めるという作業をひっくるめて、自分が普段なかなか行かない場所に飛び込むチャレンジは続けたいと思うんです。それまで、そのための下地を土台としてどんどん分厚くしておかなければいけないと考えています」

世界中で大ヒットを記録したことで、小栗旬という俳優の名は世界中の映画人たちに知られるところとなった。大河ドラマを終えた小栗が、ハリウッドに限らず各国の映画人と意欲作な作品づくりに邁進出来ていることを、願わずにはいられない。

 

小栗くんは昔々から(笑)、考える人ですよね。

そうか。大河で「小栗旬の第1章」が終わるのですね。

瑞々しく可愛らしく美しく、しかし苦悩も不安も全部向き合って、

繊細でありながら華やかに、確かな演技力と、

凛とした強さと包容力とともに想像をはるかに超えて大きく魅力的になった、

素敵な第1章でした。

そんな第1章に夢中でしたよ。

その第1章をずっと見つめてこられたこと、とても嬉しいです!

そして誇りに思います。ありがとう。

まずは「ゴジラvsコング」楽しみにしています!

第1章を締めくくる大河「鎌倉殿の13人」もとても楽しみにしています!