風色の椅子 第二楽章

小栗旬さんのファンブログ やや耽美主義

映画 キャラクター 出演

よく晴れました。風が強いです。

映画「キャラクター」の出演が発表されました。

news.yahoo.co.jp

俳優の菅田将暉が主演を務める映画『キャラクター』(6月公開)に、小栗旬高畑充希中村獅童という主演級キャストが出演することが明らかにななった。

新たに出演が発表された小栗は、山城の漫画と事件の関連性にいち早く気付いて真相を探る刑事・清田俊介を演じる。菅田は自身の主演作『共喰い』(2013)のクランクイン前日に小栗を訪ねて、背中を押してもらったと語るほど小栗に大きな影響を受けたというが、今回の清田はそんな小栗を当て書きしたキャラクターだそう。事前に監督から「渋くてカッコいい小栗さんが欲しい」とリクエストがあったといい、小栗は「敢えていつもより声のトーンも落とし、恥ずかしいくらいカッコつけたイメージで清田を演じています」と語っている。

メガホンを取るのは『帝一の國』『恋は雨上がりのように』の永井聡監督。脚本・原案は「20世紀少年」「MASTERキートン」といった多くの浦沢直樹作品でストーリー共同制作を担ってきた長崎尚志が担当している。

コメント小栗旬(清田俊介役)

じっくりと映画に入るのは久々だったので、「やっぱり現場はいいな」と思いながら撮影を楽しみました。事前に監督から“渋くてカッコいい小栗さんが欲しい”とリクエストをされ、敢えていつもより声のトーンも落とし、恥ずかしいくらいカッコつけたイメージで清田を演じています。ぶっきらぼうではありますが、もともと持ち合わせている優しさや刑事としての優秀さがうまく伝わってくれれば嬉しいです。菅田さんは共演するたびに俳優として成長していて、その成長に触れられる事は幸せなことだと思います。そしてFukaseさんとはご一緒するのは初めてなのですが、作品のキーとなる両角のキャラクターに彼の持つ独特の存在感がぴったりとはまっているなと感じました。また、約15年振りに共演した獅童さん。真壁と清田のコンビネーションにもご注目頂ければなと思います。

公式サイトはこちら。

character-movie.jp

 

映画、もう1本、来ましたね。

まず当て書きしたキャラクターというところが嬉しいです。

その上、渋くてカッコいい〜とか、期待大ですね。

菅田くんはもちろんですが、15年ぶり共演(「隣人13号」以来ですよね)の獅童さんとの、

共演も楽しみです。

監督さんについては「帝一の國」もとても面白かったし、

恋は雨上がりのように」もすごくよかったです。こちらも期待しています。

ただ特報を見ると怖そうですよね。「ミュージアム」みたいかな。

ネタバレを山のように読み込んで、怖いシーンは目をそらしていようかな。

でもとにかく4月には「罪の声」のblu-ray が出ますし、

5月には「ゴジラ vs コング」、6月に「キャラクター」、

楽しみが増えましたね。

映画 ゴジラvsコング 日本版予告編

曇っていましたが、晴れてきました。

映画「ゴジラvsコング」の日本版の予告編が解禁になりました。

映画史上で最も象徴的な怪獣たち、威厳あるゴジラと強大なキングコングが激突する待望のシリーズ最新作『GODZILLA VS. KONG(原題)』が、邦題を『ゴジラvsコング』として、5月14日より日本公開されることが決定。併せて日本版だけの独自カットが追加された予告編と、場面カットが解禁となった。

最新作となる『ゴジラvsコング』では、前作で怪獣たちとの死闘の末、王<キング>として覚醒したゴジラが、映画史に君臨する究極のモンスター、コングと対決。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962)以来となる夢のマッチメイクが、ふたたび実現する。

キャストは、アレクサンダー・スカルスガルドミリー・ボビー・ブラウンレベッカ・ホールブライアン・タイリー・ヘンリーらに加え、日本からは小栗旬が出演。小栗が演じる芹沢蓮は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という、重要な役どころだ。日本において数々の主演作で大ヒットを飛ばしてきた小栗が、本作で鮮烈なハリウッドデビューを飾り、世界へ進出する。

公開された予告編では、コングの元に突如現れたゴジラが想像を超えるスケールで肉弾戦を披露。まさに“地球最大の究極対決”だ。また、怪獣を取り巻く人間たちのさまざまな思惑も描かれ、ゴジラの真意を探ろうとする者や、コングと心を通わせる少女も現れる。そして「彼がレン・セリザワだ」と、小栗演じる謎の人物・芹沢蓮が紹介されるシーンも。彼が物語にどう絡んでいくのか、謎と期待がふくらむ。

 

まず5月14日公開が決まってよかったですね!無事に公開されますように。

そして芹沢蓮くん、日本版は1カット増えましたが、

ちょっと怪しい?いえいえ妖しい?感じ(笑)。

暴走もしそうな雰囲気で、すでにハラハラしてます。

ゴジラもコングも暴走して、加えて蓮くんも暴走したら、三つ巴の戦いですね(笑)。

春になって、大画面でドキドキハラハラしながら観たいですね!

罪の声 エランドール賞

晴れました。今日は暖かいです。

映画「罪の声」がエランドール賞を受賞しました。

news.yahoo.co.jp

日本映画テレビプロデューサー協会が選定し、新人俳優や番組などを表彰する第45回エランドール賞が4日、決定した。

プロデューサー賞は、映画は「罪の声」、テレビはNHK連続テレビ小説「エール」が選ばれた。

 

この賞は小栗くん、以前受賞してますよね。

映画とかドラマも選ばれるんですね。おめでとうございます!

「罪の声」は作品として、どんどんいろんな賞を受賞していて喜ばしいです。

キネマ旬報ベストテンでも、宇野さんが助演男優賞を受賞して(おめでとうございます!)

そして「罪の声」は作品として、第7位にランクインしました。

キネマ旬報は、とても歴史がありますし、いわゆる玄人好みというか、

小栗くんはこれまで、主演映画はおろか出演作品でさえ、

ベストテン内には入ってなかったので、

(「ロボコン」「キサラギ」「キツツキと雨」さえ入りませんでした。)

だから第7位がとても嬉しいです!

あらゆる方面から評価されて、認められて、本当によかったなあと思います。

早くBlu-ray を観たいなあと心待ちにしています。

日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 おめでとう!

雨はあがって晴れてきました。

小栗くん、日本アカデミー賞、優秀主演男優賞を受賞しました。

おめでとうございます!

www.oricon.co.jp

2019年12月16日から2020年12月31日までに日本で公開された優秀作品を表彰する『第44回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が27日、発表された。優秀主演男優賞は、小栗旬草なぎ剛佐藤浩市菅田将暉二宮和也が受賞。最優秀賞は3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式で決定する。

『罪の声』主演の小栗は、昭和の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を基に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士を演じた。

選考対象作品は、日本映画154本・外国映画210本で、日本アカデミー賞協会の会員・3953人による投票が行われた。同賞の司会は、女性司会者に昨年の『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョン、男性司会者は昨年に続き、フリーアナウンサー羽鳥慎一が担当する。

 

www.oricon.co.jp

『罪の声』(土井裕泰監督)は、原作者・塩田武士氏の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティーにあふれた物語で話題に。小栗旬が昭和の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を基に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士、星野源が京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営み、物語の発端となる子どもの声の脅迫テープが自分の声だと気がつく曽根俊也を演じた。

 同作は、優秀作品賞のほか、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演男優賞、優秀助演男優賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀音楽賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の11部門だったが、優秀助演男優賞において星野と宇野祥平が受賞したことから『Fukushima 50』と同じく最多12賞となった。

 

本当におめでとうございます!

「罪の声」のたくさんの受賞もとても嬉しいですよね。監督さんも脚本家さんも、

そうそう昭和の雰囲気がリアルだったなあと、美術さん、照明さんも、

皆さんが評価されたことがとても嬉しいです。

助演男優賞の星野さんと宇野さんの並んだ姿も楽しみですし、

「罪の声」に携わった全ての方々におめでとうを言いたいです。

そして小栗くん、本当におめでとうございます!

思えば映画「キサラギ」が数々の優秀賞を受賞したときも、

そのテーブルには小栗くんはいませんでした。

映画「銀魂」のオープニングではもはやネタにして、

あれやこれや言っていましたが(笑)、その新八と同じステージに立つことになります。

二宮くんとも同じステージですね。

正ちゃん、コーくんの仲でしたが、まさかこんな未来があるなんて。

いろいろと感慨深いです。

日本アカデミー賞はいろいろと映画賞がある中(もっと歴史ある賞もありますが)、

唯一授賞式が中継される賞なので、知名度も高いです。

まずは授賞式が無事に行われますように。

小栗くんがちゃんと出席できて、その素敵な姿が見られますように。

それからそれから正装がものすごく似合う体型だと思うので(長身で手足が長い!)、

奇をてらった正装ではなくて、クラシカルな正統派な素敵な装いで、

お願いしたい(できたらお髭もなしの方向で〜注文が多い・笑)。

とにかく本当によかったなあと思いました。

おめでとう、おめでとう!

飄々としたでも温かい眼差しの阿久津が目に浮かびます。

阿久津を演じてくれて、息を吹き込んでくれて、本当にありがとう。

そして何度でも言いたい。

小栗くん、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、おめでとうございます!

Godzilla Vs. Kong 予告映像

よく晴れました。

映画「Godzilla  Vs.  Kong」の予告映像が公開されました。

news.yahoo.co.jp

新作映画「Godzilla vs. Kong」の予告映像が1月25日にYouTubeで公開されました。日本を代表する怪獣ゴジラが、アメリカ代表のキングコングとグーで殴り合う胸熱展開が話題となっています。

Godzilla vs. Kong」は、「GODZILLA ゴジラ」(2014)、「キングコング: 髑髏島の巨神」(2017)、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(2019)の続編で、一連の作品が属する映画シリーズ・モンスターバースの最新作。日本からは小栗旬さんが芹沢レン役で出演しています。

最新作には過去の作品よりミリー・ボビー・ブラウン(マディソン・ラッセル役)、カイル・チャンドラー(マーク・ラッセル博士役)、チャン・ツィイー(アイリーン・チェン博士役)らが続投。小栗さんの役の詳細は現時点で多く明かされていませんが、前作で散った渡辺謙さん演じる芹沢猪四郎博士と名字が共通しているため、何らかの関係が予想されています。

 

チラッと映りましたよね!

そうか、芹沢レンという役で、いろいろ想像しちゃいますよね。

映像が凄くて、やっぱりお金かかってるなあとか(笑)、

映像も音楽も格好いいです。

ゴジラ」は子供が小さい時、ほぼ全シリーズをレンタルして見たことがあるので、

馴染みはあります(笑)。

でも「ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ」を観ていないので、

これは観ておいた方がいいかな。

是非、映画館で観たいですね。

字幕で観て(小栗くんの英語を聞きながら)、

吹き替えで観て(小栗くんは自分の英語に日本語で吹き替えするのかな)、

二度、楽しめますね。

無事に公開されますように願っています。