風色の椅子 第二楽章

小栗旬さんのファンブログ やや耽美主義

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第46回

晴れたり曇ったりした一日でした。

まずサッカーワールドカップカタール大会、日本代表、1次リーグ突破、

おめでとうございます!

このグループに決まって、誰がドイツとスペインを破って、

1位通過するって予想していたでしょう。本当に凄いことです。

三苫選手と田中選手の幼なじみコンビ、少年漫画のようでしたね。

本当にチームがひとつになっている感じがします。

サッカー界が何十年も積み上げてきたことが花開こうとしているんですね。

ベスト8に勝ち進みますように、応援しています!

 

三浦義村役の山本耕史さんがゲストの土曜スタジオパークを観ました。

小栗くんもVTR出演していましたが、楽しい話をたくさん聞けました。

あの襟を触る仕草については、小栗くん演じる義時が義村のまねをして、

襟を触るシーンを見ていた山本さんから思わず漏れた「かっこいいなあ」という、

言葉を聞いて嬉しかったです(笑)。

この頃はダーク義時と言われていますが、ビジュアル的には凄く格好いいんですよね。

その高い背に漆黒の衣装を纏い、冷めた瞳、残酷な言葉を紡ぎ出す唇、

その整いすぎた顔立ちに、冷酷さ、救いのない美しさを感じて、心惹かれます。

執権殿を邪魔する輩はこの私が討ち取ります!くらいの気持ちです(笑)。

 

そんな「鎌倉殿の13人」第46回を観ました。

ワールドカップを見据えたような、上皇とトキューサの蹴鞠対決とか、

慈円役の山寺さんの見せ場もありましたが、

私としては最終回への助走の回のように思えました。

政子があまりにもいい人に描かれすぎて、

(農民との会話は安直かなと思えるほど)

でもこれはいい人に描けば描くほど、小四郎が悪く思われるという、

コントラストとしての描かれ方かなと思いました。

それでも小四郎は後継ぎのことを何も考えていないことが、

実は権力に固執していない証拠のような気がします。

 

のえ「そろそろ後継ぎのことも考えておくのもよろしいんじゃありませんか」

義時「嫡男は太郎だ」

のえ「その太郎殿があれでは」

義時「確かにあいつは出過ぎたことを言うが、

   父親に平気で楯突くくらいがちょうどいい」

のえ「でもね。昔のことをほじくり出すのは気が引けるけど、

   あの子の母親は訳ありだったんでしょ」

義時「八重は私のまわりも大事にしていた」

のえ「太郎では世間が納得しません」

義時「なら、次郎が継げばよい。この話はよそう」

のえ「そもそも八重さんも比奈さんも北条にとっては仇の血筋ではありませんか」

義時「何が言いたい」

のえ「政村も15歳になりました。あなたと私の子が跡を継ぐべきです」

義時「私はまだ死なん。今する話ではない」

のえ「こういうことは元気なうちにしておいた方がよいのです。小四郎殿!」

 

のえさん、地雷踏みまくりですが(笑)。血筋、血筋って、

まあ、この物語が血筋の物語なんですけど。

あ、でも義時の横顔の睫毛がふさふさしていて可愛かった(笑)。

可愛いと言えば、政村くんのなんと可愛かったこと!

小四郎の子供たち、皆、可愛いですよね。

さあ、あと2回ですね。「鎌倉殿の13人」のHPの次回の予告が、

予告だけでちょっと泣きそうです。

どうか小四郎をお守りください。

来週も見届けたいです。

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第45回

よく晴れた一日でした。

まず先週「鎌倉殿の13人」第44回の紀行で紹介された、

鎌倉市覚園寺ですが、HP に載っていた手書きの文章にとても感動しました。

覚園寺HP

https://kamakura894do.com

覚園寺は今も昔も修羅の道を歩む方の味方です」

歴史上の人物を演じるということは、こういうこともあるんですね。

史実は変わらないけれど、そこに至るまでのその人の苦悩とか悲しみに、

光を当てることができるのは、こういう大河ドラマならではなので、

「思わぬ花が咲きました」〜と言っていただいて、嬉しいなあと思いました。

さあ、その修羅の道を歩み出した義時。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回を観ました。

今回も重くて暗く悲しい回でした。

暗殺された実朝も可哀想でしたが、公暁が哀れでした。

政子のところへ会いに行った公暁

 

公暁「知らしめたかったのかもしれません。

   源頼朝を祖父に持ち、源頼家を父に持った私の名を。

   公暁。結局、私には武士の名はありませんでした」

 

自分の生に誇りを持っていたゆえに、それが彼を縛ってしまったのかなと思いました。

「武士の名」というところが悲しいですよね。

でも三浦のことは話さなかった公暁

その三浦義村ですが、義時と話しあった時。

 

義時「私が狙われたことは?

   公暁が私を殺そうとしていたことは?

   知っていたのか。

   私に・・・死んでほしかったのではないのか」

義村「公暁がお前も殺そうとしていると知ったら、

   俺はその場であいつを殺していたよ」

(襟を触る義村)

 

「私に・・・死んでほしかったのではないか」のときの、

義時の声は震えていて、彼の中の小四郎が少し顔を出していて、

ただただ盟友に縋りたかったように聞こえたのですが、

最後の襟を触る義村を見て、ひとつ糸が切れたのかもしれません。

どんどん孤独になっていく義時。

政子との会話。

 

義時「姉上にはとことん付き合ってもらいます」

政子「放っておいて」

義時「鎌倉の闇を忌み嫌うのは結構。

   しかし姉上は今まで何をされた?お答えになってください。

   闇を断つために貴方は何をされた。

   頼朝様から学んだのは私だけではない。

   我らは一心同体。これまでもそしてこの先も」

 

そうです。元々は姉上がこの弟を引き留めたんですから。

弟にだけ散々苦しませて黒く蝕まれていくのを気付かぬふりをするのは、

卑怯ですよ。本当に本当に孤独になってしまった弟に寄り添ってほしいです。

その後の運慶との会話も凄いものでした。

もう振り切ってしまったのでしょうか、義時。

でも迷っているときはいい顔というのもわかりますが、

迷っているときは本人は苦しいですよね。

どちらかに振り切ってしまった方が楽です。

だから小栗くんがインタビューの中で言っていましたが、

唯一彼を救っていた私利私欲がない点は、頼朝さえ到達できなかったところへ、

行きたいという強欲が彼を覆ってしまいました。

それは我が子泰時に父に抵抗すると言われ、少し嬉しそうな義時の、

上を目指しているようで、未来がないような義時の、

すでに実は誰かに殺されたいと思っている義時の、

深く重く複雑な感情が入り乱れるような、

恐ろしくも凄みのあるそして美しい義時でした。

小栗くんの演技の迫力が素晴らしい。

しかもなぜか彼の演技にはいつもどこか切なさがあるので、目が離せないのです。

私だけは義時の味方です(みんな、思ってる・笑)。

最後に向かって、どうか義時、幸せになってほしいなんて甘っちょろい言葉は、

無惨に散っています。

後3回、彼の行く末を心して見届けたいと思っています。

あさイチ プレミアムトーク

よく晴れた一日でした。

まずサッカーW杯カタール大会、日本がドイツに勝利しましたね。

おめでとうございます!

公式戦で、過去優勝した国に対し、真っ向勝負でさらに逆転勝利という、

本当に歴史的な勝利だと思います!素晴らしいですね。

1次リーグ突破できますように、応援しています!

 

小栗くんが「鎌倉殿の13人」をクランクアップしたということで、

インタビュー記事がたくさん出ました。そのうちの一つです。

 

小栗旬北条義時を演じきった思いを語る「まだまだ続けていたいという気持ち」

<鎌倉殿の13人>

https://thetv.jp/news/detail/1112012/

ーークランクアップの時のお気持ちをお聞かせください。

今まで経験してきたクランクアップとはまた違う感覚でした。本当にまだまだ続けていたいという気持ちもありましたし、それと同時にやっと終わったとホッとする気持ちもあり、なんとも一言では言い難い心境でした。

ーークランクアップした後に三谷さんとのやり取りなどはありましたか?

  また印象に残っているやりとりがあれば教えてください。

撮影が終わった次の日に「全部終わりました。やり切ってきました」といったメールを送って、三谷さんから「ご苦労様でした」とお返事がありました。印象に残っていることは、時々出来上がったものをご覧になった三谷さんから「あそこのシーン最高でした」「あの表情素晴らしかったです」などのメールをいただいていました。

撮影最終日は僕と小池栄子さんの二人しか撮影が残っていなかったので、二人でものすごくソワソワしてしまって、小池さんと「ちゃんと眠れていますか?」というやり取りをしていた流れで僕が三谷さんに「眠れません」と送ったら、三谷さんから「完璧な義時だったから安心して明日を迎えてください」というメールをいただきました。「すてきなメッセージですね」と送ったら、「寝起きにしてはなかなか気の利いたこと書いたでしょ」と返事をいただきました(笑)。

 

1年5ヶ月撮影をして、どんなにか疲弊しているかと思えば、クランクアップの後、

「まだまだ続けたい」とか、元気で充実している感じが伝わってきて、

本当に楽しかったんだなあ、素晴らしい現場だったのだなあと思って、安心しました。

三谷さんにも嬉しい言葉をいただいて、本当に良かったですね。

大河の主役を経て、最後、やりきった清々しさと共に終われるなんて、

とても幸せなことだと思います。

 

昨日、やはりクランクアップ後の先日の一宮市トークショーでの、

インタビューが、こちらの地方の「まるっと!」という番組で流れました。

きれいさっぱり終わりました等、クランクアップの時の感想を言ったり、

演じた北条義時について。

小栗「ひどいこともするし、いろんなこともあるけど、

   基本的に私利私欲に走っているわけではないっていうことが、

   彼を救っている1つの点だと思いますけど。

   ちょっと若干欲望が見え隠れする瞬間もあったりして。

   権力って人を変えるもかもしれないということもありますし。

   やっぱり辺りを見渡したら、もちろん孤独だけど、

   自分のひと言で大きく政局が動くと感じた時には、

   少し乱暴になるかもしれないということは感じたりもしましたし、

   そういう狭間で悩み苦しんだ人なんじゃないかなと思いました」

 

本当にそうですよね。小栗くんが語る義時は、僕だけはわかっているよという、

心持ちというか愛が感じられて、なんだか小栗くんに演じてもらえてよかったなあと、

きっと義時も思っているんじゃないかなと思ったりします。

 

そして今朝の「あさイチ プレミアムトーク」の小栗くん、とっても素敵でした!

内容も濃くて、短縮版でしたが凄くよいトーク番組だったと思います。

スラリとした全身の姿が映ったのも素敵でしたし、

最初の筋トレについての山本さんが語る市原さんの話も面白かったし、

映像で義時の変化を見せて、

(本当に別人のように変わってしまいましたよね。小栗くんさすがです)

小栗くんが、「凄くいい子だったのに。すくすく育って次男坊で、

そんなに責任もなく」とか言っていて、

そこへ「誤解もある」と華丸さんの必死さも(よく見てくださっている)、

面白くて、小栗くんは義時としては鎌倉を思ってのこと、

人には理解してもらえないと言っていました。

そして八重を演じた新垣さんからの手紙が読み上げられます。

 

小四郎殿 

おつとめご苦労様でございました。

小栗旬さん、長きにわたる撮影を無事に完走されたとのことで、

本当にお疲れ様でした。

お帰りなさいませ。

八重を演じさせていただきました新垣結衣です。

毎話、いやー、どうして、辛い、と心の中で叫びながら見ています。

八重としては小四郎殿や金剛が生き抜いてくれていることはきっと嬉しい反面、

ここまで多くの人が命を落とし、その度に小四郎殿の背中には、

何かが暗く重くのしかかっていくように見えて、もう止められないんだろうなと、

何とも複雑な気持ちで見守っているんだろうと思います。

誰かの思いを背負い続けた人、最終話、どうなってしまうんでしょう。

その最後、心して見届けたいと思います。     新垣結衣

 

なんだか新垣さんからの手紙なのに、八重さんからの手紙のようでもあり、

「誰かの思いを背負い続けた人」〜涙が出そうになりました。

小栗くんも「八重さんが亡くなってなければ」と言っていましたが、

目が潤んでいるように見えました。

本当にね、八重さんにそばにいて欲しかったです。

その後、比奈ちゃんからのVTRメッセージも流れました。

可愛い比奈ちゃん。小栗くんが何気なく寄り添ってくれたことに対しての、

感謝の言葉と「ほんとに格好いいなあ」と言っていました。

その後、座長としての小栗くんについて。

チーフ演出の吉田さんの言葉がとてもよかったです。

 

吉田「長い大河を健康的な精神状態でやっていけるのか、凄く取り組んだ。

   時間を守る。よけいなことはしない。

   エキストラを呼んだのに使わないみたいなことをやめる。

   小栗さんがスタッフ全員に声をかけてくれるから、

   スタッフも報われた気分になる。

   写真リストを作って全員を覚えていたのはスゴイ。

   めちゃくちゃいるから、大河のスタッフ」

 

スタッフ全員の名前を覚えるのは、小栗くんが主演のとき過去のドラマでも、

行っていたことですよね。本当に凄いことだと思います。

お父様が裏方であることもきっと関係していると思いますが、

なかなかできることではないです。

それも大河の大勢のスタッフに対して、素晴らしいですよね。

演出の吉田さんとは小栗くんも思う方向が同じで、嬉しそうで、

だからみんなが提案できるリラックスしたとても風通しの良い、

素晴らしい現場だったのだと思います。

次に仲章、ムカつく件について(笑)。

生田くん、嬉しそうにやっていたと言っていました。

仲章が「私が執権になろうかな〜」というシーンが流れたのですが、

本当にあのときは殺すって思いました(笑)と小栗くんが言っていて、

皆の笑いを誘っていました。

仲章が生田くんで、何より小栗くんが嬉しかったんだなあと思いました。

それから吉田さんからこういう言葉がありました。

 

吉田「功績を残した男を斬らなきゃいけないとき、

   義時がどんな顔がいいかわからなかった。

   悔しい顔をするのか、実際は何かこう魂を失ったような。

(そのシーン。義時「・・・私にはここしかない」)

   鎌倉で生きるということがこういうことなのか。

   ある種の覚悟とは違う受け入れというか、

   (小栗さんの表情は)ぴったりだった。一発で決まった」

 

こう言ってもらえて本当に嬉しいし、小栗くんも嬉しいだろうし、

吉田さんと小栗くんの関係が素敵だなあと思いました。

のえ役の菊地さんもVTR で出てくださいました。

衣装合わせの時、小栗くんが小四郎の格好で、

「お待ちしています」と言ってくれてキュンとした(笑)。

甲冑姿の小栗さん、凄くカッコイイ。

義時とのシーン、ひとつの言葉では言い表せない表情をする。

小栗さんとの特別な時間だった。「私は小栗さん、大好き」とも(笑)。

小栗くんも菊地さんの話をしていたのですが、

「凛子ちゃん」呼びがとても可愛いなあと思いました。

このとき、小栗くんが菊地さんを撮った写真も公開されたのですが、

他には山本さん、演出家の吉田さんの写真もあって、

モノクロで雰囲気もあるのですが、凄く良い写真なんです。

被写体の方が撮っている小栗くんを見つめる表情が、

皆さん、とても良くて、ナチュラルで温かくて、信頼度が凄く伝わってきますし、

写真集「小栗旬が撮った鎌倉殿の13人」とか発売されたら、絶対買いたいです。

写真の撮り方もとても上手だと思います。

他には乗馬の話を嬉しそうにしていました。

習っている先生から、「特技乗馬」って書いていいよと言われたと、

もっとたくさん馬のシーン、見たかったですよね。

この頃、小栗くん、さらに言葉遣いが丁寧で綺麗で、語彙が豊富で、

しかも的確でクレバーだなあと思います。だからちゃんと伝わりますよね。

後4回、本当に心して見届けたいと思います。

それからネットで見つけたので書き留めておきます。あの黒い衣装は、

「黒地染め紬小袖に漆黒地染め唐草菱抜き羽二重直垂」

だそうです。漆黒の義時、とてもとても魅力的です。

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第44回

雨が降ったり止んだりしていた一日でした。

まずフィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯

宇野選手、優勝おめでとうございます。

フリーのG線上のアリア〜メアトルメンタプロペラーテがとても美しく、

エレガントで、そして相変わらずランビエールコーチもとても麗しく、

宇野選手をお姫様抱っこのような胴上げもしてくれて、微笑ましく見ていました。

それから競馬のマイルチャンピオンシップ白毛のソダシちゃん、

3着、頑張りました。でも黒い馬たちと一緒に走ると、

まさにペガサスが翼をたたんで、地上で走っているような、

本当に白馬のその真っ白な美しさに惚れ惚れしました。

 

そんな美しさに負けず劣らずの漆黒の美しさ、凄みと諦観と悲しみを湛えた、

小四郎義時の修羅の美しさにも心を持っていかれました。

「鎌倉殿の13人」第44回を観ました。

凄い回でした。胸が苦しくなったり、何度も涙が出そうになりました。

まず実朝の決定的なこの言葉。

 

実朝「それより小四郎。よい機会だ。お前に伝えたいことがある」

義時「なんでございましょう」

実朝「いずれ私は京へ行こうと思う」

義時「京へ?」

仲章「右大臣となれば本来上皇様のお側にお仕えすべきもの」

実朝「ゆくゆくは御所を西に移すつもりだ」

義時「お待ちください」

仲章「内裏に近い方が何かと都合がよいのだ」

実朝「六波羅にしようと思う」

義時「頼朝様がお造りになったこの鎌倉を捨てると申されるのですか」

仲章「はっきり言ってここは験が悪い」

義時「鎌倉殿にお訊きしている!」

実朝「そういうことになるが、まだ先の話だ」

 

これはもう実朝、何も何もわかっていない。

義時が一番大事にしてきたことなのに、今回はさすがに義時のその後の行動も、

擁護したくなります。

大江殿には「私が望んだ鎌倉は頼朝様が亡くなった時に終ったのだ」という、

悲しい言葉を言ったりしていた義時。

とうとう覚悟が決まります。

 

義時「五郎」

時房「はい」

義時「お前だけには伝えておく。ここからは修羅の道だ。

   付き合ってくれるな」

時房「もちろんです」

義時「源仲章には死んでもらう」

時房「鎌倉殿にはどうご説明を?」

義時「公暁がその鎌倉殿を狙っておる。おそらく今夜。

   拝賀式の最中」

時房「すぐに公暁を取り押さえましょう」

義時「余計なことをするな。

   ・・・もはや愛想が尽きた。

   ふふ、あのお方は鎌倉を捨て、武家の都を別のところへ移そうと考えておられる。

   そんなお人に鎌倉殿を続けさせるわけにはいかぬ。・・・断じて」

 

黒い装束の後ろ姿がまるで真っ黒なマントを引き摺るようで、

仏像に背を向けて語り出す義時。

覚悟を決めているその横顔は、静けささえ漂う瞳、

悲しみは深すぎて、諦観しているようにさえ感じる表情でした。

でも時房に話せてよかった。時房はずっとそばにいてください。

さらに政子にも語ります。

 

義時「私たちは自分のしてきたことを背負って生きるしかないのです」

政子「私たち?決めてきたのはあなたでしょ」

義時「正しいと思った道を選んでここまでやってきた。

   そうではないのですか?

   今更誰に何を言われようと怯んではなりませぬ。

   私たちは正しかった。・・・いつだって」

 

この後、儚げなピアノの旋律が響きます。

正しかった、正しかった・・・自分に言い聞かせるように言う義時が、

本当に辛い。胸が張り裂けそうでした。

姉上、あなたの前にいる弟をあなたが引き留めたのはないのですか。

間違いなく「私たち」ですよ。

もう来週はとうとうですよね。後4回。

小四郎義時の行く末を心して見守りたいと思っています。

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第43回

雨の一日でした。

まずいつも書いているiPadが動かなくなってしまい、

初めて携帯から書いているのですが、頑張ります(笑)。

「鎌倉殿の13人」第43回を見ました。

トキューサ、可愛くて面白いなあとか(ちょっとワールドカップの宣伝が入っている?)

仲章~!とか、のえさ~ん!とか、

義村は、うん、信じているよとか、

いろいろありましたが、今回一番感動したのは、義時と泰時の不器用な親子の会話です。

 

義時「単刀直入に言う。讃岐の守のこと、断ってもらいたい」

泰時「わけを伺ってもよろしいですか」

義時「おまえは私をよく思っておらぬ」

泰時「お待ちください」

義時「わかっている。しかし私はおまえを認めている。いずれおまえは執権になる。

   おまえなら私が目指していてなれなかったものになれる。

   その時必ずあの男が立ちはだかる。源仲章の好きにさせてはならぬ。

   だから今から気をつけろ。借りを作るな」

泰時「ご安心ください。私も讃岐の守はご辞退しようと思っていたところです。

   気が合いましたね」

義時「帰る」

泰時「お待ちください!父上が目指してなれなかったものとはなんですか」

 

「気が合いましたね」と「帰る」の間の義時の表情が、

ほんの少し柔らかで優しかったような。

不器用なりにでも、義時の思いを泰時に伝えることができてよかったなあと思いました。

泰時の中に小四郎も八重さんもいるから、

義時は対峙するのが一種眩しいのかもしれないけれど、

それは義時が泥を被って苦しみながら、彼を守ってきたからなんですよね。

いわばその清廉な泰時は、父義時が作りあげた、守り抜いた結果だと思います。

父と子の物語、これからも注目していきたいです。

さて来週はいよいよ雪のシーンでしょうか。

楽しみにしています。