風色の椅子 第二楽章

小栗旬さんのファンブログ やや耽美主義

キャラクター 完成報告会 鎌倉殿の13人 新キャスト

晴れていましたが曇ってきました。

いつもブログはipad で書いているのですが、ちょっと調子が悪くて、

使えたり使えなかったりして、今日は使えたので書いています(笑)。

使えない間はずっと「罪の声」のBlu-ray を観ていました。

本編は観るのに覚悟がいるので、特典映像のメイキングを観たり、

メイキングはイギリスのシーンが写真だったので、最初は残念だなあと思ったのですが、

主題歌をバックに、美しいヨークの街と小栗くん、宇崎さんの写真が数枚、

ゆっくりと映し出されるさまは、素敵だなあと心掴まれます。

ヨークは本当に美しい街ですよね。そこに立つ小栗くんはロマンチックでさえあって、

阿久津はノーマルな綺麗さがあると思いました。

「罪の声」は真面目に真っ直ぐ熱意を持って作られていて、品の良い映画だと思います。

他には、完成報告会や公開直前イベント、

(膝まである丈の長い上着が長身に映えてとても素敵、舞台を思い出します)、

そして大ヒット御礼舞台挨拶では、

「くれぐれも皆さんお身体を大切に、

健やかに過ごしていただきたいと思っております」という小栗くんの言葉がありました。

本当にそうですよね。

 

そんな中、「ゴジラvsコング」が公開延期になりました。

news.yahoo.co.jp

目前だったので残念ですけど、6月の場合、「キャラクター」と一緒になりそうで、

それならそれで、2作品続けて見るのもいいかなと思っています。

その「キャラクター」先日完成報告会がありました。

www.tokyoheadline.com

映画『キャラクター』完成報告会が27日、都内にて行われ、菅田将暉FukaseSEKAI NO OWARI)、高畑充希中村獅童小栗旬という豪華キャストと、永井聡監督、原案・脚本の長崎尚志が登壇した。

菅田将暉が演じる主人公の漫画家と奇妙なつながりを見せる殺人鬼(Fukase)を追う刑事を演じる中村獅童小栗旬は、17年ぶりの共演。小栗は中村と出身高校が同じだと明かし「年代は違うけど先輩後輩なんです。今回演じた役も、似たような関係なので獅童さんと演じられて楽しかった」と振り返った。

一方の中村は“後輩”小栗に対し「監督から“もうちょっとカッコよく”と言われてすぐかっこつけられるのを見てすごいなと思った。クールに笑うシーンで撮影現場の女性たちから“かっこいい~”という声が上がっていた。僕も見習わないと」。

小栗も「監督から、もうちょっとカッコイイ小栗さんがいいと言われて。全力でカッコつけていいんだと思い、全力でかっこつけたら…今回、カッコイイんですよ」と自画自賛。監督も「この役は小栗さんをイメージしたあてがきだったんですが、現場で芝居を見たら想像よりかっこよくなかった。もっと俺の小栗旬はかっこいいはず、と思って」と語った。

そんな中村と小栗を背にして座っていた菅田は「後ろを向くのが怖い(笑)。金剛力士像みたいに2人が鎮座している」と笑いを取りつつ「現場でお二人といろいろなお話ができたことが幸せ」と豪華共演を振り返っていた。

 

このシーンを「めざましテレビ」が取り上げていて、軽部さんが、

「小栗さんの刑事がとても良くて、映画全体を締めてましたよね」と言ってくださって、

嬉しかったです。小栗くんと獅童さんは「隣人13号」以来ですよね。

その先輩、後輩コンビも、清田刑事の格好良さも、とても観たいのですが、

ミュージアム」と同じ匂いがするような(笑)。

ネタバレたくさん読んで、そういうシーンは下向いていようかな(笑)。

 

さて着々と「鎌倉殿の13人」の新キャストが発表されています。

news.yahoo.co.jp

なんといっても染五郎くんが楽しみです。

夏頃クランクインでしょうか。ワクワクしますね!

罪の声 豪華版 Blu-ray

よく晴れました。

「罪の声」のBlu-ray が届きました!

私は映画館で1回しか観てなかったので、まず本編を観ました。

2回目なのに、涙が溢れて、やっぱりね、とても良質な映画だと思うんですよ。

重厚で熱量があって深くて考えさせられて、キャストはもちろんスタッフの方々も、

ひとつになって同じ方向を向いているのがわかって、

良い映画だなあとしみじみ思いました。

私の中では、小栗くんが出演した映画の中で、ベスト1だと改めて思います。

胸を張ってお薦めしたい映画になりました。

そして阿久津に会えてよかった。阿久津が小栗くんで本当によかったと思います。

阿久津の中の、優しさ、繊細さは、小栗くんの中にあるものが、

滲み出ていると思います。人間味のある阿久津はとても魅力的でした。

次に、特典Discを見ました。

メイキングが約41分くらいあったのですが、とてもよかったです!

ナレーションが入っていなかったので、かえってドキュメンタリーみたいで、

臨場感があって、ちょっとドキドキしました(笑)。

日本中、転々とロケをしていて、大阪のど真ん中を小栗くんが歩いたり、

凄いなあと思いましたが、やはりぴったり合う背景、景色は説得力がありますよね。

イギリス、ヨークの風景などは、泣きたくなるほど美しかったです。

いろいろな舞台挨拶も入っていましたが、あの小さな女の子が、

小栗くんを見て、目がハートになったお話とか、

公開直前イベントの丈の長い上着を着ている小栗くん、

相変わらず立ち姿が美しくて、とっても綺麗で素敵だなあと思ったり、

大ヒット御礼舞台挨拶では、登壇された望ちゃんも聡一郎さんも、

元気でよかったと思ったり(笑)。

テレビでは少ししか放送されなかったので、ゆっくり見ることができてよかったです。

ぞして本編のオーディオコメンタリーを聞きました。

これがとてもよかったです!

ではここからは、メイキングとオーディオコメンタリーの印象的な言葉等を、

書いていこうと思いますが、ネタバレになりますので読みたい方だけお願いします。

 

 

 

 

 

まずメイキング。

知り合いのスタッフさん?に満面の笑みで手を振る小栗くんが可愛い。

中華料理店の店主役の沼田さんから、「立派になられてね」と声をかけられ、

「いえいえ」という小栗くん、「初めてお会いしたときは15才でした」と、

言っていて、あ、沼田さんという俳優さん、

GTOのとき、気弱な教師役を演じた方だと思い出しました。

小栗くんも、オーディオコメンタリーで、この出会いが嬉しかったと言っていましたが、

本当に嬉しいだろうなあと思いました。

今回、たくさんの俳優さんと出会う役でしたね。

星野さんのクランクアップ、二人で抱き合う感じがよかったです。

イギリスヨークでのメイキングは写真のみでしたが、

主題歌をバックに、美しいヨークの街並みと(駅も凄く素敵)、

役柄ではない宇崎さんと小栗くんの笑い合う様子がとても素敵でした。

 

オーディオコメンタリーは、土井監督、脚本の野木さん、星野さん、小栗くんの4人で、

なんだか穏やかさが似通っていて、とても心地よかったです。

ヨークのシーンでは、ソフィ役の女優さんが、とっても素敵な方でした!と、

小栗くん、力を込めて言っていました(笑)。ものすごく清潔な感じがしたそうです。

麻雀店の正司照枝さんが面白かったと小栗くんと星野さん、

声を合わせて言っていました(そうだろうなと思います  笑)。

聡一郎がスーツを作ってもらうシーンで、宇野さんは数々の賞をもらったのですが、

このスーツで授賞式に出席したときもあったそうで、監督が嬉しかったと言っていて、

小栗くんがいいエピソードと言っていました。

小栗くんと源さんもいろいろ賞をもらってますねと野木さんに言われて、

ありがとうございますというやりとりもありました。

ではここからはちょっと会話形式で書いていきますね。

 

開始50分くらい、小料理屋「し乃」の板長に話を聞くシーンを見ながら。

野木「小栗くんも阿久津もずーっと受けの芝居だから、なんか大変ですよね」

小栗「そうですね。でも楽しかったですね。阿久津って役は」

土井「なんかでも主役でここまでこう、ずーっと受け続けるっていう

          あんまりないと思う。最後の最後、イギリスでちょっとね。

          以外のところじゃないですか。でも受けることで、まわりの俳優さんたちが、

          逆に引き立って、そのことによって、なんか主役も立っていくっていう、

          そういう映画になってるなあと思いましたね。本当にありがとうございます」

小栗「いいえ、こちらこそです!」

野木「でも本当になんか」

小栗「なんなんですかね。でも凄く阿久津に対してはシンパシーを持てることが、

          いっぱいあったんですよね。ちょっとゆるいところもあるじゃないですか、

          阿久津って。そういうところが自分としては凄く好きなキャラクター。

          とても人間っぽいというか」

 

ヨークにて。阿久津と達雄との最後のシーン。

野木「このへん、ほんとこの抑えた芝居が素晴らしいと思って、小栗くんの」

小栗「これはもうほんと宇野さんにいただいたものですね。目の当たりにして、

          あそこでそれまで一緒に来た俊也さんとそして聡一郎くんの思いを持って、

          ここに会いに行かなければいけないなあというふうに、阿久津としても思うし、

          自分もこんな宇野さんがこんだけこの役っていうものを作ってきたとなると、

          ちゃんと終わらせないといけないよなあというふうには思いましたね」

野木「ラッシュで観たとき、あそこで泣いてしまったんですよ、私は」

 

土井「撮影の途中でも小栗くんと喋ったけど、本当にいろんな俳優さんたちと毎日毎日、

           違う俳優たちに会って、そこから本当に話を聞き出してというシーンを、

           毎日毎日撮ってて。

           なんだろ、阿久津が事件のことを調べていくというのもあるけれども、

           小栗旬という俳優が日本の俳優さんに会っていろんなものを、

           受け取っていくような感じもあって」

小栗「そういう感じがありましたね。それを経て、最終的には源ちゃんとの、

          俊也との二人で事件を追っていく、ああいうのもあって、凄く長い旅を、

          させてもらったって感じがしましたけどね。この映画をやりながら、

          最終地点がヨークだったっていう」

 

最後の最後のテーラーでの阿久津と俊也のシーン。

小栗「阿久津、社会部戻って大丈夫なのかな」

皆    「あはははは」

土井「ちょっと繊細過ぎるよね」

野木「でもこういう記者がひとりぐらいいてもいいんじゃないかな」

 

エンドロール

小栗「この作品に参加できて、本当によかったなあと改めて思います。

          本当にいろんな経験をさせてもらいましたし、

          凄く好きなキャラクターなんで、僕は阿久津というキャラが。

          こういう役をこのタイミングでやらせてもらえたことを非常に感謝していますし、

          やれてよかったなあと思っています」

 

この阿久津英士という役で、小栗くんは複数の映画賞で評価されましたが、

その理由が、土井監督や野木さんの言葉の中にあると思います。

聞いていて、こちらもとても嬉しかったです。

阿久津にとって、小栗くんにとっての長い旅は、

見る側にとって、心揺さぶられた旅でした。ありがとう。

私も阿久津、大好きです。

小栗くんが阿久津を演じてくれて、本当によかったです。

「罪の声」という映画に出会えたことに感謝します。

ゴジラvsコング 日本語吹き替え版キャスト 鎌倉殿の13人 新キャスト

曇り空です。

まず「ゴジラvsコング」の日本語吹き替え版キャストが発表されました。

news.yahoo.co.jp

5月14日(金)より公開される映画『ゴジラVSコング』。この度、日本語吹き替え版キャストが発表され、予告編が公開された。

日本語吹き替え版キャストには、前作に引き続きの芦田愛菜田中圭に加えて、新たに田中裕二尾上松也田中みな実、さらには声優の津田健次郎坂本真綾の参加が決定。ゴジラとコングに負けず劣らず、バラエティに富んだ破壊力抜群の豪華メンバーが、この“究極バトル”に参戦する。

尾上松也【バーニー・ヘイズ役 / ブライアン・タイリー・ヘンリー】 オファーをいただいてとても嬉しかったです。前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』からどのように物語が展開していくのかをとても楽しみにしておりましたので、まさか自分が吹き替え声優で参加させていただけるとは思ってもいませんでした。友人の小栗旬さんに、オファーがあったことをすぐにお伝えしましたら喜んでくれました。吹き替えを収録しながら、あらためてこんな大作に友人が出演しているのは凄いことだなと感動していましたね(笑)。

田中圭【マーク・ラッセル役 / カイル・チャンドラー前作の時に、ジャパンプレミアにてゴジラロード歩かせてもらって、とにかく本当に年齢問わず、性別問わず、多くのファンの方がいて、「ゴジラ」は世界中で根強く愛され続けている作品だと感じています。その作品に旬くんが出演されていて、旬くんらしさのまま、世界の舞台で戦っている先輩はカッコいいなと思いました!流石です。そして、『ゴジラvsコング』は、今回も大迫力の最高にカッコいい、モンスターバトルが繰り広げられる映画になっていて、めちゃくちゃ面白い作品に仕上がっています!

 

松也くんと田中圭くんの小栗くんへの言葉が嬉しいですね。

これは最初に字幕で観て、次に吹き替え版で観ることになるのかな。

昔は断然、字幕派だったのですが、この頃は吹き替えのほうが楽かなと思っていて(笑)、

今回は両方で楽しめますね。

 

そして「鎌倉殿の13人」新キャストが発表されました。 

natalie.mu

 2022年放送のNHK大河ドラマ第61作「鎌倉殿の13人」の新キャストが発表され、新垣結衣佐藤浩市西田敏行が出演することがわかった。

三谷幸喜が脚本を手がけ、小栗旬北条義時役で主演を務める本作。源平合戦鎌倉幕府誕生を背景に、源頼朝の天下取りを支えた13人の家臣を中心とした権力争いが描かれる。

新垣は八重役で大河ドラマ初出演を果たす。義時の初恋の人にして、大泉洋演じる頼朝の最初の妻という役どころだ。新垣は三谷作品へも初参加であり、「今作での八重がどのように色付けされるのか楽しみにしています」と期待をあらわにしている

佐藤が演じるのは、坂東武士団でもっとも頼りになる危険な男・上総広常。大河ドラマへの出演は、三谷が脚本を手がけた2004年放送作「新選組!」以来となる。また西田は源平を翻弄する後白河法皇にキャスティングされた。

 

「鎌倉殿の13人」は新キャストが発表されるたびに、

凄いキャストの方々と書いていますが、本当にそうですよね。

新垣さん、大河は初めてなんですね。新垣さんとはドラマ「スマイル」以来?

今回は義時の初恋の人ですって。素敵ですよね〜。

二人並んだら、さぞ見目麗しいことでしょう。

でも頼朝の妻になっちゃうんだ、これだけでも充分ドラマチックですよね。

本当に本当に「鎌倉殿の13人」楽しみにしています! 

ゴジラvsコング 北米1位ほか全世界で大ヒット

桜は散り始めました。

映画「キャラクター」、4月27日(火)に完成披露試写会があるそうです。

錚々たるメンバーが登壇するようで、楽しみですね。

観に行かれる方、楽しんできてくださいね。

5月に「ゴジラvsコング」、6月に「キャラクター」が公開ですから、

ゴジラvsコング」も何か舞台挨拶があるでしょうか。 

その「ゴジラvsコング」、3月31日に全米で公開されて、

大ヒットスタートを切りました。

news.yahoo.co.jp

俳優・小栗旬のハリウッドデビュー作としても話題の映画「ゴジラvsコング」(5月14日公開、アダム・ウィンガード監督)が、北米で大ヒットスタートを切った。

3月31日より、本場ハリウッドを含む北米(米国・カナダにて、初日2409館、週末3064館)で公開。

31日の初日興行収入は960万ドル(約10.6億円)となり、新型コロナウイルスパンデミック以降、初日の興行成績としては北米マーケット史上最高の成績を記録した。(これまでは、「ワンダーウーマン1984」の760万ドル)。

また、公開週末4月2~4日の3日間の興収は3220万ドル(約35.4億円)にのぼり、週末興行ランキング(※Warner Bros. Pictures発表)にて圧倒的な第1位を獲得。公開5日間トータルの成績は4850万ドル(約54.2億円)に達し、コロナ禍以降、公開週末興収&公開5日間興収ともに北米で最高の成績でのスタートとなっている。

さらに、鑑賞した観客の評価を集計したシネマスコアでは18歳未満の観客の24%が最高の「A+」スコアをつけ、全体的に非常に高い評価の「A」を記録するなど、満足度も非常に高い作品となった。

そして、先日3月24日を皮切りに、中国、メキシコ、オーストラリア、インドなどいち早く公開となった37の国と地域の全てで公開週末興行収入ランキング第1位を獲得しており、北米と併せて全世界でランキング1位を獲得。これまでに、全世界での累計興行収入は2億8540万ドル(約315.6億円)を記録するなど、ゴジラとコングの究極対決を描いた作品に世界が熱狂している。

 

大ヒットスタート、よかったですね。それにしても全世界公開って、

さすがの規模というか、凄いですよね〜。

メインはゴジラとコングといえども、世界中の人々が小栗くん演じる芹沢蓮を、

観ているのかと思うとワクワクします。

アジア圏ではまだ「滝谷源治」って言われるって確か言っていたように思うのですが、

世界中で芹沢蓮も印象に残る役になるでしょうか。

さて、この記事に出てきた「ワンダーウーマン」、2017年公開の方を、

wowowで観ました。ワンダーウーマン役のガル  ガドットが、

本当に圧倒的に美しくて、しかもチャーミングで、楽しく観た覚えがあります。

SFものは非日常なので、ある意味、気が楽に楽しめていいですよね。

ゴジラvsコング」、日本での公開、楽しみにしています。

火曜サプライズ

桜が咲き始めました。

まずドラマ「日本沈没」ですが、すでに少しずつ少しずつ、

インタビューや場面写真が公開されていますね。

www.tbs.co.jp

天海啓示、格好いいですね!

苦悩する姿も素敵です。今このドラマを撮影中だから、

最近の小栗くんはスラリとして格好いいのかな。

23日の「火曜サプライズ」も格好よかったです。

記事もあります。

news.yahoo.co.jp

俳優・小栗旬(38)が、23日放送の日本テレビ火曜サプライズ 最終回2時間SP」(後7・00)にゲスト出演し、レギュラー出演者のタレント・ウエンツ瑛士(35)の英国留学中のエピソードを明かした。

ウエンツは英国で演技を学ぶため、昨年3月まで約1年半、芸能活動を休止した。英国生活の締めくくりに、ロンドンの芝居小屋で全編英語の2人芝居に挑戦。そんなウエンツの晴れ舞台を見届けに、小栗は拠点を置いていた米国から渡英した。「夢のような時間だよね、今考えると。パッとチケット取ったら行けたんだもん」。コロナ前の世界に思いをはせつつ、「ものすごく高かったもん、飛行機のチケット代が。ものすごく高くて」と思い出したように語った。そして「芝居見に行くのに40万くらい使ったの」と告白し、ウエンツを驚かせていた。

異国で歯を食いしばるウエンツに触発された小栗は、「ウエンティー(ウエンツ)も何かしらの結果を残して帰ってきたんだから、俺も何かしなきゃなと思って」、ロサンゼルスで英語劇を企画。ホームセンターで買った材料でセットを作ったり、衣装も自分で探したという。人知れぬ苦労話に、ウエンツは「普通は衣装“合わせ”だから。衣装“ハンティング”じゃないから」と感心していた。

舞台はコロナ禍に見舞われ、観客の前での公開は断念したという。小栗は「3日間、3公演を2人でやって、ビデオに収めて帰ってきた。今はその編集を待っているところ」と明かした。

 

これは新しい情報ですよね!

この演劇、ファン向けの注文販売でもいいので、是非、観てみたいです。

もちろん字幕はつけていただいて、ウエンツくんは難しい題材と言っていたので、

哲学的な作品なのかな?哲学的なものも好きなので、是非是非お願いしたいです。

それから焼肉に夢中で、話を聞いてない小栗くん、可愛かったです(笑)。

焼肉もとても美味しそうでした。

ウエンツくんとの絡み等々、楽しい番組でしたね。

小栗くんはちょっと酔っ払ったあたりから、頬杖をついたりして、

色っぽくて可愛くて綺麗でした(笑)。